失敗しないレンタルサーバー選び

スポンサーサイト

--------

Tag :

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

共用タイプと専用タイプ

2010-12-14

レンタルサーバーは通常、共用で使用するタイプのものがほとんどですが、中には「専用」タイプのレンタルサーバーもあります。

共用タイプのレンタルサーバーでは、文字通り、1つのサーバーを複数のユーザーで共有して利用するものです。

ホームページを公開するだけじゃないっ!

2010-12-14

レンタルサーバーというと、ホームページを公開するためのレンタルスペースというのが一番メジャーな使い方ですが。

その他にも、
1)自分が制作している雑貨を販売するためのネットショップを開く、
2)現在活動しているサークルのために会員制のコミュニティサイトを開く、
3)企業内での情報・連絡・スケジュールなどの共有が図れるグループウェア導入する
4)ホームページ作成ツールをレンタルサーバーにインストールして、ブラウザ(ホームページ閲覧ソフト)から簡単更新する
5)レンタルサーバーの機能を使って、ネットショップ独自のメールマガジンを発行する

などなど

レンタルサーバー利用が企業、ネットショップをはじめとして、個人ユーザーの間でも浸透していくなかで、レンタルサーバー事業者もその活用方法を開発し提供されています。

ホームページ(サイト)開設だけをお考えだったかたも、レンタルサーバーってホームページを公開するレンタルスペースとしての利用法以外にはどんなことができるんだろうとみていくと、あなたに役立つ意外な機能が見つかるかも知れませんね。

レンタルサーバーを借りるという事

2010-12-02

ホームページを複数のパソコンから閲覧できるようにする機能のことをウェブサーバーといいます。

このウェブサーバーをインターネット上で公開し、安定して運用するためには、
1)高価で高速な常時接続回線
2)高度なネットワーク知識
3)世界中からの不正なアクセスや攻撃から防御・回避する知識技術
4)1日24時間年間365日の間、1秒足りとも休まず運営する体制

などが必要になってきます。

そうなると、1企業・1個人レベルでウェブサーバーを運営・管理していくのはとても大変です。そこでサーバーをレンタルする事業として、レンタルサーバーがあります。強引だけど…


レンタルサーバーがあれば、レンタルサーバー事業者側が機器や回線、管理者を用意し、1台のサーバを複数の利用者で共有することで少ない費用負担でホームページの公開等が行うことが出来るのです。

例えばの例として、上記(1)~(4)のために1台のサーバーで毎月35万円のコストがかかるとします。

しかしレンタルサーバーなら(もちろん業者によってピンキリがありますが)、それを100人のユーザーが分割・共有してレンタルすれば、一人当たり3,500円でインターネット上にホームページを公開するウェブサーバーを利用することが可能になります。

とてもお得ですよね。

レンタルサーバーとは

2010-11-22

レンタルサーバーサービスとは、インターネットに情報を発信するコンピュータ(サーバー)をレンタルして利用するサービスのことです。
インターネット上にホームページを公開したり、メールなどのデータ保管場所として利用することで一般的に知られていますが、利用者の意図に合わせてその他様々な用途に使用することができます。



レンタルサーバーの他に、自社でサーバー本体を購入し、電源や回線等の設備を整えて運用する「自社サーバー」や、サーバー本体を購入後それらの設備が整った施設に預ける「ハウジング」などのサーバー利用法があります。 しかし、これらの場合サーバー障害に対して24時間365日の監視が必要であったり、物理的な障害が起きた際専門スタッフを施設へ派遣する必要があるなど、よほど余裕のある企業でないかぎり運用に掛かる負担は小さくありません。



レンタルサーバーの場合は、複数の専門スタッフを置いて運用・管理・セキュリティ対策を行うことが一般的で、もちろんサーバー本体、ネットワーク回線、電源設備なども含んだ形で提供されます。
これらの特長から、自社サーバーやハウジングで発生しがちな長時間停止や人件費のロスを最小限に抑えられるのがレンタルサーバー最大のメリットといえます。


カテゴリ

レンタルサーバー情報

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

おすすめリンク

track feed 失敗しないレンタルサーバー選び


相互リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。